すれ違いざま、二度見されるほど美しい肌に

①男性が女性を恋愛対象として判断する要素

・見た目

女性なら、多くの方が一度は思ったことがあるかもしれません。「美人でないと損」とか、「美人に生まれたかった」など。とにかく、世の中は見た目で見られるという経験や、男性は女性を見た目で判断していると感じた経験があったことでしょう。だからこそ、女性はダイエットやメイク、肌のお手入れなどに精を出し、容姿を磨いている部分があるといえるのではないでしょうか。実際、ある調査によると、恋愛は9割以上の男性が女性の見た目を気にするという結果が出ています。生まれ持っての羨ましい容姿の持ち主でさえ、あらゆる美に対して努力するお手本を見ますから、全女性たちが見た目を気にしないわけにはいかない状況になってくるでしょう。

 

・性格

男性が女性を判断する要素は、断トツで「見た目」だということがあるようです。そうはいっても、女性全員が見た目良しというわけはありませんし、そう望む男性自身もどれくらい、見た目良しというレベルなのでしょうか。だんだん歳を重ねるごとに、男性も「見た目だけで選ぶには限界がある」とわかり、結婚生活で長い人生を歩むとなると、見た目より性格が一番だとわかってくる時がやってくるはずです。それでも、あまりに見た目にこだわっていると、マッチングせず、結果的に独身で終わってしまう可能性もあるでしょう。結婚となると、男性が女性を好む要素に性格を入れる度合いが高まっていくことは、人生の打算かもしれませんが、あるのです。

 

⇒第一印象はとっても大事。

第一印象といえば、よくいうインスピレーションにつながります。瞬間的に良い印象が強く視界に入れば、何かピッとくるものがあるはず。合コンや婚活で出会いをゲットしたいのであれば、第一印象をアップすることが大事なのですが、男性が女性の第一印象に求めるチェックポイントはどこなのでしょうか。それは、一にも二にも見た目になります。当り前過ぎてがっかりしたかもしれませんが、第一印象というのは3~5秒で決まってしまうもので、パッと見の外見、しかも「顔」が第一位なのです。こう聞くと、「私なんか、ダメ」と落ち込みそうですが、そうではない切り口があります。たいていの方は清潔感をまず好みますから、清潔感あるメイクや髪型などをすれば良いのです。そうすれば、たとえ美人顔でなくてもそれなりに好感度はアップするというもので、これこそ、第一印象が良くなるためのテクニックになります。いかに清潔感を出すかにかかっているでしょう。

 

②第一印象は何で決まる?

きれいな肌

顔の印象を決めるのは、メイクの下地になる肌。肌の美しさだけで第一印象はだいぶ違います。昔から「色白は七難隠す」ということわざがあり、肌が白いだけで難点が7つあってもカバーできるという意味になります。「美人でなくても肌が白いだけで十分美人に見える」ということですから、透き通って、キメが整ったモチモチ肌は重要だというわけです。基礎肌をしっかり整えて、最高の肌状態をキープすることがとても重要になります。

歯並び・白さ

第一印象の見た目に顔が挙げられるのは当然としても、顔の表情という全体のイメージが好印象につながります。もちろん、美人であることに異論はないでしょうが、そればかりでなく、表情美人ということもあるからです。例えば、口を結んだムスッとした表情より、笑うとキレイな歯並びや白い歯が見える表情のほうが印象的なのはいうまでもないでしょう。日本人でも、世代が若くなるほど、歯並びや白い歯を意識する方が増えています。

胸の大きさ・形

男性から見ると好みが分かれるように、女性にはいろいろなテイストが存在します。その中に胸の大小ということもあり、男性の中には女性の第一印象に胸を挙げる方も中にはいることでしょう。女性からすると、第一印象の視点がそこにいくと、一般的には胸の大小にかかわらず、あまりいい気分がしないかもしれません。女性の魅力は胸だけではないからです。それよりも、肌に磨きをかけたほうが、第一印象は確実にアップするでしょう。

お尻

胸と同様、男性にとっては尻も女性らしさを表すシンボル的な部分になるでしょう。だからこそ、第一印象で目が向いてしまう部分でもあるのです。女性がスタイルに磨きをかけるのも、自分のためとはいいながら、人の目や特に男性を意識してのことでもあり、この世に男と女がいる限り、需要と供給のような関係かもしれません。確かに、垂れて丸みのない尻は、形として魅力に欠けますから、ヒップアップは心がけたほうがよさそうです。

サラサラな髪

顔の印象と一緒になって、第一印象に大きな影響を与えるのが「髪」。女性がウィッグで別人のようになってしまうのが典型でしょう。一般的に、髪型だけでいえば、ショートヘアなら明るく活発的な印象に、ロングヘアならおとなしく落ち着いた印象になります。そこにメイクが加わると、その方の性格的な印象を決定づけてしまいかねないほどの影響力があります。自分の印象を気にするなら、どんな髪型にするべきかも重要な要素なのです。

 

⇒肌がキレイなのは大きなポイント

肌がキレイという「キレイ」は、何を指すのでしょう。ツルツル輝いていることでしょうか。吹き出物やシミ・シワ、たるみなどとは無関係なことをいうのでしょうか。白さやキメの細かさを指すのでしょうか。これらはすべて正解です。部分的なことではなく、肌全体から溢れ出る元気の良さが、キレイという印象に結びつく大きなポイントになり、一朝一夕にでき上がるものではありませんから、それには日頃のお手入れが大事になります。

 

 

③肌がキレイとは

・透き通るように白い

雪肌、色肌などといわれるように、肌が白いことを表す言葉があります。女性は、色が黒いといわれるより、色が白いといわれたほうが多くの場合、嬉しいのではないでしょうか。肌がキレイといわれる要素の中には、必ず入っている要素だともいえます。肌が白い=透明感のある肌だからです。また、白い肌はもち肌などともいわれ、お餅のようにもっちりとして柔らかそうで、ふっくらした女性らしい印象を与えます。男性と色白の女性と道ですれ違った時、それだけで好印象を抱いてしまうという声も多々あるようですから、案外、女性の肌は見られているのです。女性が美白に精を出して美しくなりたいと願うことは、男性にとっても喜ばしいことでしょう。

・毛穴が見えない

赤ちゃんのように、毛穴が見えないスベスベの肌になれたら…。あの何ともいいようのない、プニプニした肌は、肌細胞がみずみずしいからです。赤ちゃんと同じようになることは無理ですが、少しでも近づこうと努力することはできるでしょう。それには、ついやってしまいがちなNG行為をすぐやめることです。例えば、洗顔のし過ぎ、熱めのお湯をシャワーで顔にかける、あぶら取り紙を多用、メイクで毛穴をカバーしている、自分に合わない化粧品を使用しているなどで、間違いなく、毛穴の開きをますます大きくしてしまうことを良かれと思ってやっている行為になります。まず、肌の負担を本当になくすことが、毛穴レスの肌になることへの第一歩です。

・シミやあざがない

肌に何の汚れのない、白いキャンバスのような状態であれば、どんなに嬉しいことでしょう。ただ悲しいことに、メイクをするような年齢になる過程で、シミやほくろ、そばかす、くすみやあざなど、何らかのトラブルを一つは抱える肌になってしまっているのが現状です。それは、子供のうちから紫外線に当たり続けていたこと、加齢、ストレス、睡眠不足、肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常など、さまざまな原因の積み重ねでそうなってしまうのです。その都度、的確に対処していれば防げることかもしれませんが、年齢が未熟なうちはそうもいかないでしょう。せめて、子供のうちからできる対処として、日焼け止め対策をすることはしたいものです。

・たるんでいなくて若々しい

肌のたるみ。一番のイメージとして、フェイスラインにたるみの変化が現れることは、かなりの年齢になってからだと思っていないでしょうか。実はそうでもないのです。たるみの原因は、皮膚が紫外線にダメージを受け続けたことや、加齢、体重の増減、たんぱく質不足などによって起こりますから、20代、30代からでも起こることは十分に考えられます。しかも、加齢によってたるみが出てくる確率はかなり高くなりますから、対処に苦労してしまう前に、若いうちからたるみの原因から遠ざかるようなお手入れをしていくことを心がけましょう。キレイな肌でいたいなら、光を反射するハリや弾力のある肌でいるということは、欠かせない要素だからです。

 

⇒男性が触りたくなる肌を作ろう

人間、誰しもキレイなものに引き寄せられ、つい触れたくなってしまう心理が働くものです。モテ肌という言葉もあるほど、二度見されるようなキレイな肌の女性は、モテる要素の一つを持っているといえるでしょう。努力をすれば肌は元気を取り戻していくものですから、実践あるのみです。毎日正しい洗顔をし、肌をいつも清潔に保つことがベース。その上で、自分に適した基礎化粧品でのお手入れをしていけば、次第に肌のキメは整っていきます。合わせて、肌細胞を元気にするバランスのとれた栄養素を摂ることや、良い睡眠時間を取ることなど、しっかりした生活のリズムを作っていくことも大事でしょう。不規則な生活が肌には最も悪いことになります。

 

 

④美肌は内側・外側両方から

内側は毎日の生活から時間をかけて作りましょう

食事

簡単に美肌、美肌といいますが、今、美肌でない方がそう簡単に明日から美肌になれるということはありません。肌の内外両方から毎日きちんとしたケアをしてこその賜物です。そこで、美肌といわず、すべての健康にもつながる「食事」の問題があります。生きていく上で何も食べずにいることは不可能であるなら、体に良いものを摂取して、細胞から健康になることが一番になります。特に美肌と密接な関係がある栄養素は、たんぱく質やビタミン類を豊富に摂ること。なぜなら、皮膚組織の中のコラーゲンやヒアルロン酸などといった成分を生む大元となる栄養素だからです。食べる行為は人にとって第一で、サプリメントはあくまでも補助的役割になります。

運動

食事と運動。ダイエットにも関係しますが、運動は必要です。食べ物だけで体調をコントロールすることは、人の循環的消費エネルギーからすると片手落ちのようなもの。きちんと食べた分はカロリーを消費して、血液の循環も良くして、排泄して、また食事補給というサイクルを順調にするためにも、運動は欠かせないことになります。このサイクルが、人としての形を作っている一パーツである、肌にも悪いわけがありません。よく、運動をするとキレイになるといわれますが、痩せてキレイになったというだけではなく、確実に総合的に変化を及ぼす作用が働いていますから、肌の調子も良くなることで容姿に変化が見られ、キレイな印象が引き立つからです。

睡眠

肌にはゴールデンタイムがあると聞いたことはありませんか。22時~深夜2時の時間帯を指しています。なぜこの時間がゴールデンタイムというかというと、1日酷使された肌を修復してくれる成長ホルモンが分泌される時間だからです。起きていたのでは、この成長ホルモンは分泌されず、しっかり睡眠中であることが重要になります。しかも、ただ寝ていれば良いというのではなく、質の良い、熟睡の時間でなければなりませんから、22時前には寝床についていて、リラックスした状態であることが一番の理想です。それには、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかったり、音楽を聞いたりするなどの時間も大事でしょう。美肌には、睡眠も欠かせない要素です。

外側のケアは気を使ってあげれば今日からでも変われます

紫外線を避ける

とてもシンプルなことですが、肌にシミやほくろ、そばかすなどを作りたくなかったら、メラニンを必要以上に作らせないこと、つまりは紫外線を避けることをすれば良いのです。外出時はもちろんですが、家にいる時でも日焼け止めクリームなどを塗って紫外線対策をしっかりしている方は、やはり肌がキレイだといえます。曇りや雨の日でも、決して日傘や日除け手袋、帽子を手放さないなど、夏だけでなく、1年中紫外線対策を実行している努力があってこその美肌です。徹底している方には、少しくらいとか、今日1日だけなどという気の緩みはありません。だからこそ、人よりキレイな肌が保てるというもので、こうした、気構えから見習いたいものです。

保湿

乾燥肌の方でなくても、夕方になるとメイク疲れで肌がカサカサ・テカテカしてくる…、そんな経験はないでしょうか。保湿というと、スキンケアの美容液やパックなどばかりに気を取られがちですが、実はメイク中にも肌に保湿をしないと、乾燥状態になってしまうのです。これをするとしないとでは、分泌される皮脂量にも影響があり、対処することによって余分な皮脂も出なくなります。化粧水がミスト状になる容器を携帯し、1日に数回は顔に化粧水を吹きかけて、ティッシュで軽く押さえておくだけで、乾燥を防ぐことが可能です。自宅でする保湿のスペシャルケアも大事ですが、日中から肌を保湿して労わることも、長い将来から見ると大事になります。

⑤おすすめの美肌化粧品

アスタリフト ホワイト守りと攻めの美白トライアル780円+税

あの富士フイルムのアスタリフトから出ている美白化粧品がトライアルサイズで登場。あれも、これもの4種類を780円(税抜き)送料無料という嬉しい価格で試すことができます。

セット内容は、くすみにアプローチする美白化粧水(18ml)〈医薬部外品〉、紫外線をカットして肌を守るUVクリア美容液兼化粧下地(5g)、美白美容液(0.7ml)×2包〈医薬部外品〉、美白クリーム(0.7g)×2包〈医薬部外品〉。これだけ入ってこの価格設定ですから、早速アプローチしてみてはいかがでしょう。

また、もっとしっかり美白ケアをと望む方へのトライアルキットとして、5日分の5アイテム(美白化粧水〈医薬部外品〉、美白美容液〈医薬部外品〉、美白クリーム〈医薬部外品〉、UVクリア美容液兼化粧下地、ジェリーアクアリスタ)を、1,000円(税抜き)送料無料で入手することもできます。これまで迷っていたスキンケア化粧品を試すチャンスです。

 

【美容研究家プロデュース!】の美容クリームが500円モニターを募集中

美容研究家の岡江美希がプロデュースした美容クリーム、「ロアビジュー」。テレビ通販でも話題となった、無添加化粧品です。

肌にとっては極上とされるものばかり配合され、主な成分は、モロッコでは奇跡のオイルといわれている抗酸化作用の強いアルガンオイル、ビタミン・ミネラル・アミノ酸で保湿力の高いホホバ種子油、ターンオーバーを促すスクワラン、炎症を抑えるザクロ種子油、肌表面のたんぱく質の密度を上げるラクシス、抗炎症・抗酸化作用に特化したクリサンテルムインジクエキスなどで、今注目の美容成分が勢揃い。

これまで、肌のお手入れをしていても手ごたえが今一つだったという方に、ぜひ、おすすめしたい新・美容クリームになります。

通常30gで10,000円(税別)する「ロアビジュー」ですが、先着1,000名限定3gで500円モニターを募集しています。使い心地に自信があってのモニター募集ですから、ぜひ、応募してみてください。

 

【プレミアムシュール】ちょっと高いけど手を伸ばしたくなる効果

50gで30,240円(税込)の美容クリーム。他のスキンケア化粧品と比べても、価格はかなり高いでしょう。しかし、それなりの理由があります。今、エステサロンでも評判を呼んでいることからもわかりますが、「フラーレン配合」の美容クリームだからです。

フラーレンという成分は、抗酸化成分が通常のビタミンCの125倍含といわれる、ノーベル賞受賞成分だからです。リンゴの酸化を想像してください。あれが起きなくなる現象が肌で起きると考えてください。

加えて、美白効果の代表であるアルブチンやアルガンオイル(「モロッコのゴールド」と呼ばれる高級植物油。オリーブオイル比のビタミンEが2~3倍といわれています。)を配合していることがプレミアムシュール美容クリームの特徴となります。

これだけ贅沢な成分が配合されていることから、普通の美容液とは一線を画した値段になってしまうのです。ぜひ、他とは違う成分を肌で実感してください。